ミノキシジル育毛剤とチャップアップの成分表を調べた口コミをまとめてみた!

ミノキシジル育毛剤とチャップアップの成分表を調べた口コミをまとめてみた!

ミノキシジル育毛剤とチャップアップの成分表を調べた口コミをまとめてみた!

成分量はチャップアップが圧倒的に多い

育毛剤を比較するときには、効果効能ばかりでなく、成分についてもよく確認したいところです。各商品には成分表が記載されていますので、その部分を確認するだけで簡単にわかります。よく比較されるのが医薬部外品のチャップアップと、ミノキシジル育毛剤です。前者の商品はネット通販限定の高級な育毛剤として有名であり、口コミで盛んに情報提供がなされています。後者のミノキシジル育毛剤は、国内で知名度の高い市販薬が存在します。

第1類医薬品に該当するもので、店頭販売やネット通販など、幅広く入手手段が整っているのが魅力です。この2つの成分表を比較した口コミを集めてみると、圧倒的な量を誇るチャップアップの評判が高くなっています。医薬部外品でありながら、44種類もの成分が凝縮されています。以前は32種類であったものの、リニューアル後に成分の種類が増えています。一方のミノキシジルが配合された育毛剤は、多くてもたったの9種類です。チャップアップに含まれている成分の内容ですが、一部を取り上げると、センブリエキス海藻エキスグリチルリチン酸ジフェンヒドラミンHCがあります。この4種類が主要な有効成分として紹介している情報が多くなっています。

ただし、この意見はやや古いものなので気をつけるようにしてください。以前までは海藻エキスのM-034という成分が育毛に有効に働くとされていましたが、今ではそこまでの評価はされておらず、含まれている成分の一つとしての評価にとどまっています。そのため、公式や比較的新しい内容の口コミでは、海藻エキスを除いたセンブリエキスとグリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCの3種類が特に有効に働くとアピールされています。センブリエキスは、毛の細胞を活性化させる効果が期待できます。他の有名な育毛剤にも配合されることが多いほど、信頼された成分です。毛穴の奥にある、毛の根元付近の毛乳頭の部分には、毛母細胞という毛の成長を司るものが存在します。

この細胞の分裂が弱くなってしまうと、健康的な毛が生えにくくなりますが、センブリエキスを届けてあげることで、細胞分裂が盛んに行われるようになります。細胞を活発にするだけでなく、乾ききった頭皮に潤いを与える作用を持っていますので、頭皮を保護し、毛の成長を妨げる要素を寄せつけないようにしてくれます。グリチルリチン酸は抗炎症作用があることで有名です。医薬品にも使用されるほどの力を持ちます。皮脂の過剰分泌や、紫外線などの刺激で頭皮が炎症を起こすのを防ぐ機能があります。薄毛の部分が赤くなっていたり、湿疹ができている人におすすめの成分だといえます。ジフェンヒドラミンHCには血行促進や抗炎症作用があります。血行がよくなることで、毛母細胞へ豊富な栄養が届きやすくなります。血行をよくすることが育毛につながることを説明している口コミが大変多く、ジフェンヒドラミンHCが血行不良の救世主になってくれる可能性を持っています。この他にも皮脂の過剰分泌や乾燥を防ぐ成分について、よく紹介されています。

 

効果に関してはどちらが優れている?

44種類もの成分の数を誇るチャップアップに比べると、ミノキシジル配合の育毛剤はあまりにも見劣りしますが、有効成分の効き目に関しては、こちらの商品をすすめる情報が目立ちます。その理由として、ミノキシジルが全ての商品ラインナップに含まれていることがあげられます。成分の数は少ないものの、このミノキシジルだけでも、育毛や発毛効果が得られる特徴を持っています。ミノキシジルは医療機関における薄毛治療の現場でも使われている成分です。育毛や発毛の効果に関して認められており、多くの人がこの成分のおかげで薄毛の症状を食い止めたり、改善するといった治療効果を得られています。血管を拡張する効果を持っています。頭皮の毛乳頭付近に繋がる毛細血管を広げることによって、栄養を届け、毛が自発的に生えようとする力を呼び覚ますことができます。

薄毛の人は毛細血管がきちんと活動をしていないことが原因という情報があることから、ミノキシジルの確かな効能が育毛や発毛に役立つといえます。ジフェンヒドラミンHCにも似たような作用があるものの、ミノキシジルのようにその効果が確実に証明されているわけではありません。治療効果をすぐに求めるには心許ないのが現状で、長く使い続けてその作用を引き出す必要があります。医療の現場で実際に使われており、日本においてはこの市販薬だけが唯一のミノキシジル配合の育毛剤で発毛効果が期待できることから、高い評価を得ていますが、一方で副作用の危険について指摘している情報も数多く存在します。

高い効果を持つ医薬品には、副作用がつきものです。比較的安全な配合量に調整されてはいるものの、ミノキシジルに関する副作用が報告されています。フケが増えたり、炎症を起こす、血圧の低下や頭痛、めまいなどといった体調の変化が出現するリスクについて、よく知っておきたいところです。その点、チャップアップのジフェンヒドラミンHCであれば、副作用の心配はありません。特に体調不良などの報告は存在しませんので、よほど無茶な使い方をしなければ、長期間使い続けられるメリットを持っています。

また、ミノキシジルに似た作用を持つジフェンヒドラミンHCだけでなく、オウゴンエキスやチョウジエキス、ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキスについての評価も高くなっています。この4種類には5αリダクターゼを阻害する作用があります。5αリダクターゼとは酵素の名称で、薄毛を発症させる男性ホルモンの生成を促してしまう問題を抱えています。この酵素を阻害する治療薬が医療機関でも使われているため、その治療薬と似た作用のある成分が含まれている事実について、注目したいところです。

この治療薬は医師の処方が必要であるため、ミノキシジルが配合された育毛剤には使われていません。その部分を比較すれば、チャップアップの方が育毛効果を実感できる可能性があるとも判断できます。即効性を求めるなら前者を、ゆっくりと安全に育毛効果を実感したいなら後者の商品を選びたいところです。